事例紹介 <導入事例>ローラーコンベア

Before お客様の課題・お悩み

「ホットメルト系接着剤を塗装した段ボールを搬送したいが、搬送コンベアロールに付着してしまい掃除が大変・・・」

こちらのお客様は、清涼飲料水用段ボールケースの荷崩れ防止用にホットメルト接着剤を塗布しローラーコンベアで搬送。しかし、ローラー部分が未処理の場合、段ボールに塗布されたホットメルト接着剤がコンベアロールに時間とともに付着が増加し、搬送不良を引き起こしていました。

DATA
お客様飲料メーカー様
対象段ボールケース搬送工程
施工トシカルS UNA800GY
After

トシカルSコーティングを施すことで、事前に粘着障害を防止。生産性の向上に大きく貢献できました。

そこで弊社にご相談があり、「トシカルS UNA800GY」を採用。コーティング後は、付着障害に大きな効果を認められ、確実な搬送が可能となり製品の脱落及び破損の減少に大きく貢献しています。

ローラーコンベア

コンベアローラーに表面処理採用

【参考】 ホットメルト系接着剤との剥離力測定データ

表面処理面の種類測定結果
トシカルS  UNA800GY0~50g
テフロンPTFEコーティング50~100g
比較例:sus304(未処理品)600~700g

※測定方法:25×80×0.5mmのポリカーボネートシートにホットメルト系接着剤を塗布し各表面処理面に荷重3kg/cm2にて貼り合わせ24時間後 約1cm/秒で90°方向に剥離するのに要する力を測定した