事例紹介 <導入事例>ラベル・シール加工機械

Before お客様の課題・お悩み

「ラベル・シールの切れ端がダストボックス内面に貼り付つく・・・」

こちらのお客様は、包装機器メーカー。ラベル・シールの打ち抜き加工時、不要となるラベル・シールの切れ端が発生します。このラベル・シールの切れ端はエアーで吹き飛ばされ、打ち抜き装置付属のダストボックスに回収される際、ラベル・シールの切れ端がダストボックス内面に貼りついてしまい清掃作業に手間がかかっていたそうです。

DATA
お客様包装機器メーカー様
対象ラベルシールの打ち抜き加工工程
施工トシカルS UNA800GY
After

トシカルSコーティングを施すことで、事前に粘着障害を防止。生産性の向上に大きく貢献できました。

そこで弊社にご相談があり、「トシカルS UNA800GY」を採用。コーティング後は、ラベル・シールの切れ端が貼り付いてしまうことが無くなり、清掃時間が大幅に短縮され生産性に大きく貢献しました。

ラベル・シール加工機械

ダストボックスの内面となる部分にUNA800GYコーティング(写真左)。
ラベル・シールの切れ端がダストボックス内面に貼付かなくなり、切れ端の回収作業時間が短縮された。

【参考】 アクリル系粘着テープとの剥離力測定データ

表面処理面の種類測定結果
トシカルS  UNA800GY0g
テフロンPTFEコーティング250~300g
sus304 未処理品800~900g

※測定方法:25mm巾のアクリル系粘着テープを各表面処理面に荷重3kg/cm2にて押し当て 約1cm/秒で90°方向に剥離するのに要する力を測定した

類似の導入事例